冷え性が男性に少ないワケは、女性よりも男性の方が筋肉の量が多いからです。筋肉の量が少ないと代謝が低下してリンパ液や血液の流れが悪くなってしまいます。それが体の冷えにつながってしまうというメカニズムです。女性はもともと筋肉の量が少ないので冷え性の人が多いということになります。女性でも日頃から運動をする習慣がある人や筋トレをしている人は筋肉の量が多いので冷え性を引き起こしにくくなります。筋肉は、リンパ液や血液の循環を促すポンプのような役割も果たしています。その役割により血行が促進されると手先や足先などの末端までしっかりと循環する巡りの良い体質に導くことができます。男性でも筋肉の量が少ない人は冷え性になりやすくなります。冷え性における男女の差は筋肉の量にあるということをきちんと理解しておきましょう。体が冷えて悩んでいる人は、積極的に運動を行って筋肉の量を増やして代謝アップと血行促進に努めることが大切です。そんな時は、おひさまのおめぐ実がおすすめです。