今日は肌をワントーン明るくし、触り心地もむきたてゆで卵のようになる方法を紹介します。


肌がくすんで見えると、実年齢より老けて見えたり、
化粧をしてもうまくなじまず苦労することが多いです。
逆に肌がワントーンでも明るくなれば、若々しく見えることはもちろん、
化粧のりもよくなり、表情も明るくなることでしょう。

そこで紹介したいのが、「ピーリング」と「顔剃り」です。
私は週に二回、自宅のお風呂でこの二つの作業をしています。
まずピーリングは、お肌の古くなった角質をとり、肌の活性化を手助ける効果があります。
いわば古くなり汚くなった肌の表面を新しいものにするような感じです。
私は市販のピーリングジェルを使って、いつも顔をマッサージするのですが、
おもしろいぐらいポロポロと古くなった角質が取れます。
実際それを洗い流した後の肌の手触りは、ゆで卵に触っているような柔らかな肌になっています。
ピーリングだけでも定期的に実践すると肌は明るくなりますが、そのうえでお勧めしたいのが先ほど述べた「顔剃り」です。
一見顔剃りは難しそうに思えますが慣れれば簡単な作業です。
市販で顔剃り用のカミソリも売っていますし、洗顔で泡だらけになっている時に、優しく撫でるように顔を全体的に剃っていきます。
これをするだけでお風呂上がりの肌がもうすでにワントーン明るくなっているうえに、翌日の化粧のりは最高です。
ただ注意点は、どちらの作業も行った後は保湿をたっぷり行うこと。
角質をとったり、毛を剃るわけですから、いつもよりお肌は乾燥地帯です。
念入りに保湿をたっぷり行って、素敵美肌を目指してください。

もちろん卵殻膜 ドリンクを飲むのも忘れないでね。顔だけでなく体の内側から全身美肌効果でツルツルになれちゃいますよ。アルマード 口コミならアルマードのを飲むと良いですよ。カロリー控えめで太りにくいです。