よく化粧品や制汗剤などで敏感肌やアレルギーに注意などと記載がありますが、その違いは何なのでしょうか?今まで使ってきた
化粧品などで、急に違和感を覚えた場合には、敏感肌の可能性が
高いです。

ここでは、敏感肌とアレルギーの違いを解説します。

1.敏感肌

それは普段見ている皮膚表面(角質層)といった神経を持たない
細胞の集まりが正常な厚みでなくなって、さらに深い角質層以下
に化粧品や制汗剤などが触れやすくなっている状態を言います。
一言で言うと、角質層が不健康な状態です。

2.アレルギー

一方アレルギーの場合は同じもの(アレルゲン:アレルギーの
原因になる物質)が体のどの部分に触れた場合でも、かゆみなど
が起こる状態を言います。

本来は顔にだけアレルギー反応が起こることはあまりありませ
ん。ただ、例外もあって、健康的な角質層が顔にだけ整って
いない場合には、体よりも先に顔に症状が出てしまうことも
あります。

そのため行われるのが、ボディでのパッチテストです。

ボディでは起こらないのに顔だけにかゆみなどが出る場合
敏感肌、ボディだけにかゆみが出る場合はアレルギーと
覚えておきましょう。

http://pratapcandc.com/