汗には体温調節を目的にしたエクリン腺の汗ともう一つアポクリン腺の汗があります。エクリン腺はほぼ全身にあり、98%が水分でごくわずかな塩分がある程度で、わきがの原因にはなりません。

もう一つのアポクリン腺から出る汗には、脂肪酸、鉄分、色素、蛍光物質、尿素、アンモニア等多くの成分が含まれており、エクリン腺の汗と違い、粘り気があり、特殊なにおいもします。

ワキガのにおいは、このアポクリン腺から分泌される少量の脂肪酸が皮膚の雑菌によって分解される時に悪臭が発生するにおいです。

アポクリン腺は外耳道や陰部にも存在し、わきがの人は耳垢が湿っている人が多くいます。

なぜ、アポクリン腺は人体にあるのでしょうか?

人のアポクリン腺は、わきの下、外耳道、乳房、外陰部、肛門の周辺にあります。動物にとっては、アポクリン腺は仲間同士の確認や異性をひきつけるフェロモンのような役割があります。

人の性ホルモンにアポクリン腺を活発にさせる作用があって、思春期以降にわきがが発症することが多く、アポクリン腺は人類が進化した過程に残ったものであることがわかります。

Sinai(シナイ)の詳細はコチラ