昼寝には夜の睡眠の「3倍もの効果」があるといわれ、「1時間の昼寝は、夜の睡眠の3時間分にあたる」そうです。

質の高い昼寝をすることによって、記憶力や学習能力の向上 集中力のアップ 疲労回復 ストレス解消 精神安定、心臓病やアルツハイマー病の危険が低下されると言われています。

昼寝の時間は「15~20分の間でとること」で、昼寝をとる時間帯は、「午後3時まで」の時間帯にすることが最適です。

昼寝の効果をアップするためには、「体をリラックスした状態にして、休息を与えてあげること」が重要です。

また、今までは昼寝の習慣は高齢者の健康にとっては良くないと考えられていましたが、短い時間の昼寝は睡眠障害の改善に効果があることがわかってきました。

一時間以上の昼寝はアルツハイマー型認知症の発症を促進する傾向にあり、調査によると、アルツハイマー型認知症患者の多くのケースでは、一日3時間ほど昼寝をしています。

昼寝をしても、30分で起きるように意識していれば アルツハイマー型認知症を防止することが可能になるかもしれません。

効果的な昼寝は、集中力やエネルギーを取りかえし、日々の活動の質を高めることが可能です。昼から活動の質が下がる人や、睡眠不足がちだという人は、適切な昼寝がおススメです。

http://www.buzzwebster.com/